お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、2024年5月23日(木)を以ちましてイベントサーチAPIの無料での提供の廃止を決定いたしました。
2024年5月23日(木)以降より開始予定の「connpass 有料API」の料金プランにつきましてはこちらをご覧ください。

お知らせ connpassをご利用いただく全ユーザーにおいて健全で円滑なイベントの開催や参加いただけるよう、イベント参加者向け・イベント管理者向けのガイドラインページを公開しました。内容をご理解の上、イベント内での違反行為に対応する参考としていただきますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Mar

10

新年度の新規開発に向けて今こそ始めるサーバーレス

イチから理解するサーバーレスアプリ開発 2022

Organizing : Amazon Web Services

新年度の新規開発に向けて今こそ始めるサーバーレス
Hashtag :#aws_serverless
Registration info
Start Date
2022/03/10(Thu) 15:00 ~ 17:30
Registration Period

2022/02/19(Sat) 00:00 〜
2022/03/10(Thu) 17:30まで

Location

Online

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

新年度の新規開発に向けて今こそ始めるサーバーレス

ますます先が読めない今、アプリケーション開発にフォーカスして、迅速な展開と修正のサイクルを回せるサーバーレスによるモジュール型アプリケーションへの注目が高まっています。実際、AWS 主催の開発者向けイベントで「興味のある技術領域」で一番選択されたものがサーバーレスでした。

サーバーレスの技術は着々と進歩しており、企業システムとして RDBとの連携利用実例も多くでてきています。新年度にますます進むであろう DX へのチャレンジにも有効な新しい知識として、改めてサーバーレスを理解できる機会をご用意しました。 サーバーレスの意義やメリット、利用パターンのご紹介、運用指針などをご説明します。

アジェンダ:

内容と時間は変更される場合があります

時間 セッション

  • 15:00 - 15:40 サーバーレスのおさらい
  • 15:40 - 16:30 サーバーレスサービスの特徴とアプリケーションの考え方
  • 16:30 - 17:30 サーバーレスアプリケーション開発の進め方 ~ 開発環境の構築とローカルテスト、デプロイ ~

日時

2022 年 3 月 10 日(木) 開演:15:00 〜 17:30

参加費

無料

申込方法

こちらのイベント申し込みページに登録ください

https://pages.awscloud.com/JAPAN-event-OE-EIB22-WWSO-Compute-serverless-20220310-reg-event.html

対象

アプリケーション開発者、アプリケーションアーキテクト、プロジェクトリード (想定テクニカルレベル Level 100-200)

発表者

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

kensh

kensh published 新年度の新規開発に向けて今こそ始めるサーバーレス.

02/19/2022 01:21

新年度の新規開発に向けて今こそ始めるサーバーレス を公開しました!

Group

aws-serverless

Number of events 49

Members 1390

Ended

2022/03/10(Thu)

15:00
17:30

Registration Period
2022/02/19(Sat) 00:00 〜
2022/03/10(Thu) 17:30

Location

Online

Online